ジェネリック医薬品ならくすりエクスプレス

ジェネリック医薬品というものがあります。
本来は開発したメーカーに特許権があり、独占的に製造・販売することができますが、その特許権は一定の年数が過ぎると切れてしまいます。
その特許が切れた医薬品を別の企業が製造・販売しているものがジェネリック医薬品なのです。
これは国際的に定められた基準によって決められています。
ジェネリック医薬品は開発にかかる膨大なコストが価格に反映されていないため、安く購入することができるため、利用者が増えています。
そのジェネリック医薬品を多く扱っているのがくすりエクスプレスという医薬品個人輸入サイトです。

なぜ、ジェネリック医薬品が個人輸入されるかと言うと、その多くがインドから取り寄せているからです。
インドでは世界で生産されるジェネリック医薬品の多くを占めており、生産数と販売数は世界一として知られています。

というのも、インドでのジェネリック医薬品は上記した国際基準とは違う独自の基準が設けられているのです。
そのため、他の国では製造できない医薬品でもインドで製造することが可能なのです。
それがインドでのジェネリック医薬品の生産数が世界一である理由の一つになっています。
独自の基準によるため、世界各国から批判の声がある一方で、大きな支持も受けています。

特に発展途上国などでは医療設備も社会保障も整っていないため、高い医療費を払うことができません。
そのため、発展途上国の多くは治療に安価で入手することができるインドのジェネリック医薬品を利用しており多くの人命を救ってきたのです。
その人道的見地から考えても、インドのジェネリック医薬品は世界的にも必要とされている医薬品なのです。
もちろん、それは日本でも同じです。
輸送料を考慮したとしても安い医薬品が手に入れることができるため、経済的な負担を減らすことができます。
特に低所得で毎日医薬品を利用しないといけない人にとっては、インドのジェネリック医薬品がなければ生活がままならないことも少なくありません。
一粒数十円の価格の違いであっても、毎日利用していれば年間に1万円以上の差となってしまうからです。
そのインドのジェネリック医薬品を多く取り揃えているのが、くすりエクスプレスです。
この個人輸入サイトを窓口にして、日本でも多くの人々がそのジェネリック医薬品を利用することができるのです。

もちろん、いくら安くても医薬品としての効果がなければ意味がありません。
しかし、ジェネリック医薬品というのは先発医薬品の成分とほとんど違いがありません。
そのため効果はほとんど同じだとされているため、副作用について注意を払って利用すれば安全な医薬品とされています。
当然のことながらインドのジェネリック医薬品でも同様です。

ある意味では世界中で利用されて安全性が実証されているため、他の国で生産されたジェネリック医薬品よりも安心して利用することができるかもしれません。